小学校受験の対策を行ない学習するための基礎を作る

笑顔の女の子
このエントリーをはてなブックマークに追加

日常で英語に触れる

二人の男の子

子供に将来グローバルな活動をしてほしいと考える親は多くいます。しかし大きくなってから他の言語を覚えるのは小さな頃よりも大変な労力が必要になるので、小さな頃から英語に親しませようとプリスクールに子供を通わせる人が増えてきています。子供向けのコースを開設する英会話もありますが、そういったところでは普段の会話は日本語で行ない、授業内で英語を扱うことがほとんどです。プリスクールでは授業以外の日常会話も英語で行なわれるため、勉強だと思って意気込まなくても自然と身につけることができます。プリスクールで行われる授業内容は英語の勉強の他にも、片付けやトイレの練習といった日常生活の過ごし方や子供の好奇心や感性を豊かにするための授業を取り組んでいます。楽しみながら自然と学ぶことができるため英語の上達も早いのがプリスクールの特徴です。英語を勉強だと思わずに第二言語のように扱うことで、一度日本語で考えたことを英語に変換して話すという方法ではなく、スムーズに英語で会話することが可能になります。この力が身につくと将来英語圏で生活するときにも役立ちます。
小さな頃に身につけたほうが自然と覚えやすいのが言語というものですが、幼児でなくとも小学校低学年くらいまでなら頭に入りやすいと言われています。ネイティブな語学を身につけたいならなるべく早めにプリスクールへ通わせましょう。週に何回通わせるのかによって費用も大きく変わります。